« 木桶と初めての雄町。 | Main | 取材でした。 »

January 11, 2005

うちの酒粕

 うちの酒粕
 今日年が明けてから始めて酒粕を出しました。袋1枚1枚から粕を出していくんですから、見た目以上に大変な仕事ですね。この酒粕が結構人気あるんですね。木槽でしぼった酒粕なんで、普通の圧搾機でしぼった酒粕よりずっと厚いんです。圧搾機と比べて、1tとはいえ重りではやはりしぼる力は弱いです。だからしぼりきれないんです。圧搾機と比べてら85%くらいしかしぼれませんかね。だから酒分がすごく多くて、味が多いんで旨味がとても多い酒粕です。重りでしぼった酒粕は全国でもほとんどみつからない酒粕なんで、そう簡単に味わうことの出来ないもの。だからけこう人気は確かにあります。特に今年からは普通酒に使っていた圧搾機を使わず、全部木槽でしぼりますんで、今年は全部分厚い酒粕になりますね。しかし、どんどんと酒粕が売れていくと親父とお袋の表情が曇ります。それは奈良漬用にまわす分が少なくなってしまうから、お袋なんかは自分で漬ける奈良漬の分が無くなると、板粕を売ることには複雑な表情をしていますね。
 私の小さい頃はこの酒粕がおやつがわりでした。今はもうほとんど使ってませんが、小さい頃は冬には毎日火鉢に火を入れていたんで、その火鉢の上で酒粕を焼いて砂糖をつけて食べてました。でも、この酒粕のこと、結構酒分あったんで小さい頃から酒を飲んでいたようなもんなんでしょうかね?高校時代受験勉強の夜食にと、夜な夜な蔵に忍び込んで酒粕を取ってきて、ストーブ(火力の弱い昔々の電気ストーブ)の上で焼いて食べてからは、思い出してみると途中でよく眠くなって寝てしまったような記憶が????これでは夜食じゃなくて、眠気を誘ういくら食べても死ぬことはなく、体が温まるような睡眠薬ですな。だから大学受験かなり苦戦したんだろうかな?
                    ではこの次に
                                        

|

« 木桶と初めての雄町。 | Main | 取材でした。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59761/2545466

Listed below are links to weblogs that reference うちの酒粕:

« 木桶と初めての雄町。 | Main | 取材でした。 »