« 湧きました。 | Main | dancyuに掲載されました。 »

February 02, 2005

うちの酒粕

 今日の蔵人の夕食に粕汁が出たみたいです。それから、杜氏と元髭面が麹室に入っているところを見たんで、そろそろ仕舞仕事かと思い私も麹室へ行ったんです。いざ戸を開けてみたら、床の上で杜氏が顔を真っ赤にして大の字になってました。ちなみに(髭面改め)元髭面は晩酌の酒量が過ぎたのか、床の前にしゃがんですごく眠そうにしてました。麹室に入ったのはいいんですけど、温度がもう少し上がってなかったんで、少し待とうということで、ちょっと待ってる間に酔いがまわってきて寝てしまったみたいです。酒の限界量が猪口一杯の杜氏にとって、うちの酒粕をふんだんに使った粕汁は酔いがまわるみたいです。うちの粕ってたまに聞くんですが、粕汁で酔っぱらうっていう人がいると。確かにそうかもしれないですね。あの粕じゃかなり酒分残っているし(機械でしぼった粕と比べて、約15%ほど重いんです。ということは15%はしぼりきれなかった酒と言うこと)、それでは酒が飲めない人にはききそうですね。でもこの粕(板粕)はしばらくそのままの状態で保存しておくと、粕の内部から酒分が染み出してきて表面がしっとりとしてくるんですが、その酒分のために重ねてあった粕同士がくっついてしまって、切ったケーキを取り分けるような道具がないときれいに離れなくなってきます。下手に手で剥がそうとするともう団子みたいになってきて、すでに固めの奈良漬粕のようになってしまいます。粕汁なんかに使うとよい味を出すんですが、軟らかさ故に使いにくい時もあるもんです。 
             ではこの次に。

|

« 湧きました。 | Main | dancyuに掲載されました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59761/2786821

Listed below are links to weblogs that reference うちの酒粕:

« 湧きました。 | Main | dancyuに掲載されました。 »