« February 2005 | Main | December 2005 »

November 27, 2005

カップ酒ニュースでアクセス倍増

ある時、もう1週間ほど前でしょうか?地方新聞からカップ酒のことについての電話取材。

そこで普通に話して、もう忘れてました。それがいつだったか記事になり掲載されましたようで、うちはその新聞とっていないんで酒造組合のの事務局長さんから聞いたんです。あーのったんだなってことしか思ってなかったんですがねー。

しかし、それがヤフーのニュースに採用され、気がついたらうちももうまったく更新してないホームページにもリンクされてたようです。ある酒販店さんのブログ見てたら、その酒販店さんの名前ももちろん(カップ酒のしかけ人ですから)記事に出ていて、同じくリンク貼り付けてあったんで、その酒販店さんのブログのアクセスは想像を絶するアクセス数らしく・・・・。もしかして私のホームページは??って本当に久しぶりに見てみたらカウンターがほぼ倍増??????

今まで5000くらいのアクセス数が、もう10000を軽く越え、12000ほどになってたような。恐るべしヤフー。です。こんなことなら公式ホームページ真面目に更新しておくべきだったねって・・・・・。もったいないねぇー。仕込が終わったらなんとか自分で・・・・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2005

寒さ歓迎

寒いね。

 今年は寒くなりそうですね。昨日も今日も寒いです。そろそろ石油ファンヒーターのお世話にならないといかんかな?そのくらい寒いです。やはり、今年の秋にカメムシが大量に発生した年だからかな?昔の人は凄いね。


 そして酒造りにとってはお誂え向きのこの寒さ。過去数年12月のあまりの暖かさに悩まされてきたんで、この寒さは大変ありがたやです。もう酒母がどんどんと立ってきてます。

今月中はほとんど酒母を立てるのが多くなると思うけど、その間気温が低いほうが大変ありがたいです。温度が低いと酒母の仕込翌日にはある程度温度を落として打瀬(うたせ)をとらないといけないんですが、これは酒母には大変重要なんですが、気温が高いといくら酒母室に冷房をかけても、なかなか温度を落とすのが大変なんですね、これが。

ただ、冷房をかけていればいいってもんじゃないんで、大変なんですけど、これならありがたいです。これから来月にかけてはもろみを仕込んでいく傍ら、いよいよ山廃が始まります。その時にしっかりと気温が低いことを祈っております。今年は少しは年内の山廃酒母立てはやりやすいかな??と勝手な予想を立てておりますが、どうなりますかねぇ?

 しかし、人間にとっては風邪をひきやすい時期。私と嫁さんはもう先取り。風邪の最先端ですかね。そろそろ完全にしとかないと、12月が迎えられないね 。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2005

風邪もうちょっと

あと少し・・・。

 やっと体はだるくはなくなって、ようやく普通に仕事ができるようになったはいいんですが、どうも今年の風邪は咳なのかな?気道が狭くなったみたいに一度咳するとしばらく止まらないんですが、そんな風邪流行ってるんですか?

 色々書くこと「情けない会議」とか「嫁さんの苦労が少しわかったとか」「ADSLって何?」とか色々ネタはあるものの、まだ全快でないんで、しっかりと治してからと、またもう休みます。かなり仕事は遅れてしまったけど、仕方ないですね。ダイレクトメール遅れるけど、許してくださいね。また他に浮気しないでね。と祈りつつも、体を優先します。仕事を優先するのは12月と酒造りだけでいいや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2005

風邪ひいた

やばいです・・・・。

 このくそ忙しい時期に風邪を・・・・・。やばいです。何とか薬で押さえながら何とか仕事するんだけど、夜にはダウンしてしまいます。風邪がなんとかなるまで・・・・。早めにや休みます。ホントは休んでられないんだけど。そうもいかないし、仕方ない。
                                      おやすみなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2005

今年は木桶で初しぼり

今年は、もう言っちゃいます。1本目から木桶です。


ですから、今年のうちの初しぼり生原酒は木桶仕込です。言っちゃったー。まあいいか。いずれわかることだし。


ですから、もう昨日に木桶を移動して、今日に水を吸水させるために水をはっていくんですけど、やはり漏れますね、見事に。よく乾燥しているんで、木が縮んじゃって隙間だらけですね。で、常に水を入れていくんですが、どんどん漏れていくんで全然たまっていきませんので、ずっと水を出しっぱなし。いったいどれだけの水が必要なんだろ??

同時に、麹米等の少量の洗米の場合の浸漬桶、これも小型の木桶を2つ使用しておりますので、これも十分に水を染み込ませます。しかしこれはあまり水が漏れてなかったんです。なぜならつい3週間ほど前に木桶の竹輪(箍)を変えたんです。ちなみに竹輪の交換木桶1本45,000円なり。2本で90,000円なり。

あまりにも高くて腰を抜かしましたね。桶職人の言い値。これが現実か。まあこれで数年はもつと思えば安いもんなのかもしれないけど、これが来年あたりにだめになったらあのじいさん覚えとれー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | December 2005 »