« うすにごり原酒にへこむ髭面 | Main | 酒粕離し »

January 15, 2006

体験蔵入り

若手酒販店さんお1人、昨日の夜から1泊で蔵仕事体験。

昨日来たのがもう夜9時を過ぎていたんで、夜の仕事もなかったんで、実質今日の朝仕事からの参加。しかしながら、今日はたまたま仕事が少ない日だったんで、あまり仕事内容的には忙しくなくてけっこうのんびりとしていましたんで、蔵仕事ってこんなに楽なんかなって思われるのが心配。実際はこんなんじゃないんですけど・・・。

やはり、初めての蔵仕事??だったかもしれないんで、正直本人は何をしたらいいのかわからなかった事でしょう。また、なぜこんな仕事をしているんだろうって疑問に思っていた事でしょう。

だから1日でも早く蔵仕事というものを理解しようとすると、ある程度の基礎知識が必要ですし、正直1日や2日くらいでは酒というものがわからないでしょうね。少なくとも酒造りひとシーズンは蔵にこもらないといけないでしょうね。

やはり自分で苦しい思いをして造った酒は、やはり大切に売ってもらいたいし、おいしく飲んでもらいたいって思えてきます。

酒造りの経験がなくても、本当にひとつの商品に愛着を持って、お客さんにも蔵元の気持ちをわかってもらえるように商品を売られている一般の酒販店さんってどのくらいあるんでしょうね。

本当に何回も書くけど、苦労して造った酒を酒の知識がなく、いい加減に扱って品質を落とされる事が一番耐えられません。酒に限らずにどんな商品でも、結局責任を取るのは、製造者なんですから・・・。

だから、1日だけじゃ酒ってものは決してわからないけど、酒造りにふれてみようって姿勢というものは評価できますね。

|

« うすにごり原酒にへこむ髭面 | Main | 酒粕離し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59761/8186113

Listed below are links to weblogs that reference 体験蔵入り :

« うすにごり原酒にへこむ髭面 | Main | 酒粕離し »