« 結果オーライじゃいけない世界 | Main | こんなトラブル初めて »

March 16, 2006

粕離しは以前より楽。

最近の粕離しは前と比べて数倍楽になってきてます。

なぜなら、それは板粕を取らなくていいようになったからです。最近はもうほとんど酒粕を買いに来るお客さんも随分と少なくなり、もう板粕を取る必要もなくなってきましたんで、袋からそのまま米袋に入れます。

そうしてその酒粕がタンクに入れられて貯蔵され、その間に徐々に軟らかくなり、夏になったら奈良漬用の酒粕として販売されます。

ですからもう形よく板粕を取る必要がないんで、袋から簡単に離してしまいます。離してしまうというより細かく砕いているというか、袋をばさばさと振って酒粕を落としていると言ったところでしょうか。

とにかくこっちの方が楽です。


そうして離されて、米袋に詰められた粕は髭面が大きなタンクに運んでいって、袋からタンク内にばさばさと粕を落としてます。そして落とされた粕は、同じく髭面が上からどんどんと踏みこんでいきます。

その姿、ただタンクの内部をふらふらと足踏みをしているようで、どうも退屈な仕事になるんでしょうね。

最初は身長よりも高いタンクなんで、姿が全く見えなかったんですけども、最近はどんどんと踏みこまれていって、外からも踏みこんでいる姿が見えるようになってきました。もうかなりの量の粕を踏みこんだということになりますね。

おそらく今月いっぱいはこんなことをよくしていることでしょう。

|

« 結果オーライじゃいけない世界 | Main | こんなトラブル初めて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59761/9124403

Listed below are links to weblogs that reference 粕離しは以前より楽。:

« 結果オーライじゃいけない世界 | Main | こんなトラブル初めて »