« ホント久しぶりやね。農大の卒論 | Main | 3時間で2軒 »

May 17, 2006

秋田県の蔵元さん

本日午後より秋田県のお得意先の酒販店のご紹介により、秋田県の蔵元さんがお1人いらっしゃいました。

何かというとうちの酒や今のような酒質を造るといった経緯を聞きたいとの事でした。

その蔵元さんの石数は1000石。うちの倍の石数です。なんともそんな大きな蔵元さんが何でこんな小さな蔵元にって思います。確か全国の新酒鑑評会でも金賞を受賞されていたんではないかな?(羨ましい・・・・)。

紹介していただいた酒販店さんによりますと、今のところは石数も1000石もあり、まだ大丈夫ではあるけど、製造している中心が普通酒で、そうして未納税(桶売りです)もあるといったことで、将来的には目途が立たないみたいなことを言われました。

それで今こんな酒を造っている蔵元があるっていうことでうちを紹介されたみたい。

やはり山廃のことなんでしょうね。

うちにしてみたら1000石なんて伏見の大手に未納税をしていたころはそのくらい造ってましたけど、来年からはいらないって小切手1枚で切られてからはもう1000石なんて夢のような石数ではありますね・・・・・確かに。

また今の人員とやり方ではどう考えても1000石なんて無理だなって思いますね。それだけ手間のかかる仕事が以前と比べてすごく増えたということでしょうか??

いらしてからはお互いの意見の交換とか蔵を見たりとか、そしてきき酒をしておりましたけど、どのように感じてくださったんでしょうか?

うちのようなやり方ではそう簡単には伸びないし、また仮に伸びたとしても大きな伸びは望めません。

そんなんでのいいんですかね。話せることは隠さず全てお話しましたけど、そんな話でよかったんですかね??


また今度秋田県行ったら蔵見せてもらおっと。

|

« ホント久しぶりやね。農大の卒論 | Main | 3時間で2軒 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59761/10117719

Listed below are links to weblogs that reference 秋田県の蔵元さん :

« ホント久しぶりやね。農大の卒論 | Main | 3時間で2軒 »