« 運動不足を露呈 | Main | うちのブースにいらしたお客様 »

July 31, 2006

純米酒フェスティバルに行って参りました。

昨日大阪市の太閤園にてフルネットの純米酒フェスティバルに行ってまいりました。

気がついたらもう5回目なんですね。ということはもう5年も続けて行っているってことなんですねー。

今回の相方はやはり藤井。そして勉強の意味もあって、髭面と働く農協青年も客としてきまして(うちのブースに閑古鳥が鳴いていた場合にはさくらとして・・・・・)、色々な酒をきいて勉強をしてくれたことであると信じておりますが・・・・。


さて、本日朝早くから地元自治会の浜掃除がありまして、地元のお付き合いですから、参加しなければならないもの・・・・。

ですから朝早くから草刈機を持ってずっと草刈。曇っていましたけど、汗はしっかりとかいてしまいまして。

終わってからは少し雑談なんかしてゆっくりするのがいつもなんですけど、今回はそうもいかず、終わったらすぐに帰って大阪行きの準備をしないと間に合いそうもありませんでした。

しかし、これだけ汗をかいた体でああいう場に行くことも抵抗がありまして、大急ぎでシャワーで汗を流してから出発。

会場に着いたときにはもう開始5分前。お客さんもほとんど着席していましたね。危なかったけど、間に合ってよかったーというのが本音。

しかし、着いてすぐにスタートですからどうも気持ちの面でついていけなくて、お客さんとの話が最初はかみ合わなくて困りましたね。

まあお客さんについてはやはり大阪ということもあって知り合いがけっこういまして、比較的やりやすいといったらやりやすかったんです。知り合いの方はけっこうヘビーな方が多いんで、うちのブースに来たら、なんとも滞在時間が長いか、何回も来られるって方ばかりです。

またかなりの数の方が「6日の初呑み切り行くよ」って言われるんですね。この日に6日の大阪の招待の方が連れてこられるお客さんの数がわかりまして、あーこの方も来られるのか、やっぱりあの方も来られるんだなって思いましたね。

余計に6日が不安になってきそう・・・・。明日から準備にかからないと・・・・。

それに対して一般??のお客さんにしてみたらどんな酒を選ばれるかっていうと、銘柄名が特徴的な亀の尾を使った商品とか、見た目ラベルがきれいな雄町の山廃純吟を選ばれたり、話題性のある木桶の酒だったり、そして一番困る「おすすめは?」っていう選び方。

これって一番困りますね。なんともやりにくいです。

うちにしてみたら数あるアイテムの中から状態の良い物を持ち込んでおりますので、全部がおすすめって言いたいんですけど、なかなかお客さんから見たらそうでもないようで・・・・。

飲んだお客さんの反応はやはり思ったとおりのもの。好みはっきりでしたけど、以前から考えるとあまり拒否反応も厳しくなかったような・・・・。


終わってからは4人と、会場で会ったお得意先の酒販店の方と5人で飲みに。

しかしながら日曜日なんで、思ってた店がほとんどお休みでしたんで、1軒だけ入っておとなしく10時30分ごろ家に到着。予想よりもあまりに早い到着に嫁さん驚く・・・・・・。

そりゃいっぱい行きたい店が開いてたら2軒目3軒目って飲みまくって終電ぎりぎりで帰ってたろうなって自分でも思いますし、一緒の藤井や若い2人も飲んだら止まらないタイプなんで・・・・・・誰も止める奴いないんですね・・・・・よく考えたら。

もしかしてこれが平日だったら4人してどこかで玉砕してたかも・・・・・。

それを考えるとおとなしく帰って正解だったのかも・・・・・。

|

« 運動不足を露呈 | Main | うちのブースにいらしたお客様 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 運動不足を露呈 | Main | うちのブースにいらしたお客様 »