« June 2006 | Main | August 2006 »

July 31, 2006

純米酒フェスティバルに行って参りました。

昨日大阪市の太閤園にてフルネットの純米酒フェスティバルに行ってまいりました。

気がついたらもう5回目なんですね。ということはもう5年も続けて行っているってことなんですねー。

今回の相方はやはり藤井。そして勉強の意味もあって、髭面と働く農協青年も客としてきまして(うちのブースに閑古鳥が鳴いていた場合にはさくらとして・・・・・)、色々な酒をきいて勉強をしてくれたことであると信じておりますが・・・・。


さて、本日朝早くから地元自治会の浜掃除がありまして、地元のお付き合いですから、参加しなければならないもの・・・・。

ですから朝早くから草刈機を持ってずっと草刈。曇っていましたけど、汗はしっかりとかいてしまいまして。

終わってからは少し雑談なんかしてゆっくりするのがいつもなんですけど、今回はそうもいかず、終わったらすぐに帰って大阪行きの準備をしないと間に合いそうもありませんでした。

しかし、これだけ汗をかいた体でああいう場に行くことも抵抗がありまして、大急ぎでシャワーで汗を流してから出発。

会場に着いたときにはもう開始5分前。お客さんもほとんど着席していましたね。危なかったけど、間に合ってよかったーというのが本音。

しかし、着いてすぐにスタートですからどうも気持ちの面でついていけなくて、お客さんとの話が最初はかみ合わなくて困りましたね。

まあお客さんについてはやはり大阪ということもあって知り合いがけっこういまして、比較的やりやすいといったらやりやすかったんです。知り合いの方はけっこうヘビーな方が多いんで、うちのブースに来たら、なんとも滞在時間が長いか、何回も来られるって方ばかりです。

またかなりの数の方が「6日の初呑み切り行くよ」って言われるんですね。この日に6日の大阪の招待の方が連れてこられるお客さんの数がわかりまして、あーこの方も来られるのか、やっぱりあの方も来られるんだなって思いましたね。

余計に6日が不安になってきそう・・・・。明日から準備にかからないと・・・・。

それに対して一般??のお客さんにしてみたらどんな酒を選ばれるかっていうと、銘柄名が特徴的な亀の尾を使った商品とか、見た目ラベルがきれいな雄町の山廃純吟を選ばれたり、話題性のある木桶の酒だったり、そして一番困る「おすすめは?」っていう選び方。

これって一番困りますね。なんともやりにくいです。

うちにしてみたら数あるアイテムの中から状態の良い物を持ち込んでおりますので、全部がおすすめって言いたいんですけど、なかなかお客さんから見たらそうでもないようで・・・・。

飲んだお客さんの反応はやはり思ったとおりのもの。好みはっきりでしたけど、以前から考えるとあまり拒否反応も厳しくなかったような・・・・。


終わってからは4人と、会場で会ったお得意先の酒販店の方と5人で飲みに。

しかしながら日曜日なんで、思ってた店がほとんどお休みでしたんで、1軒だけ入っておとなしく10時30分ごろ家に到着。予想よりもあまりに早い到着に嫁さん驚く・・・・・・。

そりゃいっぱい行きたい店が開いてたら2軒目3軒目って飲みまくって終電ぎりぎりで帰ってたろうなって自分でも思いますし、一緒の藤井や若い2人も飲んだら止まらないタイプなんで・・・・・・誰も止める奴いないんですね・・・・・よく考えたら。

もしかしてこれが平日だったら4人してどこかで玉砕してたかも・・・・・。

それを考えるとおとなしく帰って正解だったのかも・・・・・。

| | Comments (0)

July 29, 2006

運動不足を露呈

朝から瓶燗仕事。

仕込時期は毎日米を蒸すためにボイラーを使いますけど、この時期はほとんどボイラーは使いません(そりゃそうなんですけど)。

やはりボイラーは使うと消耗するとか、寿命が縮まりますんで、なるべくなら動かしたくないもの。ですから瓶燗なんかで動かすときはなるべく数や種類をまとめてやります。

今回は10種類くらい。それぞれの本数は少ないんですけど、やはりアイテムが多いもんでどうしてもこのくらいになってしまいます・・・・・。

やはりアイテムを減らさなければ・・・・と常々思ってはおりますがそう簡単に減らせないもんで・・・・・やはり心を鬼にしないといけないんでしょうかねー??


9時ごろにはもう取り掛かってましたけど、酒によってはかなり温度に注意するものもありましたんで、温度計とにらめっこしているものもありましたけど、慣れてくればそれなりにペースがつかめるもんで、いい調子で進んでいったんですが、時計を見たらちょっとどころかかなり遅れてましたんで、仕方なく蒸気を少し強くしたんですけど、そうしたら急に忙しくなってきまして、余裕がなくなってしまいまして・・・。

何とか小瓶を午前中に終わらせ、午後から一升瓶やってましたけど、こちらは嫁さんの応援を得てとりあえずは終了。

しかし・・・・腰が・・・・・腕が・・・・足が・・・・。

どう考えても明日は筋肉痛??

やはり運動不足か・・・・・多分そうなんでしょう。

| | Comments (0)

July 28, 2006

地元だから

純米酒フェスティバルも大阪で開かれるようになってからもう何年なんでしょうね?

このイベントが東京で始まった頃と比べるとずいぶんと感じが変わってしまったという気がします。本当に酒販店さんや料飲店さんの姿がへってしまったなーって思います。


でもそんなことは言ってられないですね。

東京はともかく、大阪は地元みたいなもんですからね。

今年は30日にありますんで出ます。しかしながら、その日は地元自治会の浜の草刈りがありまして・・・・・。その日はとりあえず浜に行きます。終わったらすぐに大阪に向かいます。

それで何とか第1部の開始の時間には間に合うことでしょう。これも地元だからできることなんですね。準備は藤井に任せます。

藤井もずっとこのイベントに行ってますので、準備も慣れたもんです。だから安心して任せられます。そうして当日に出す酒はもう送りまして、もう準備はできました。

出品する酒の種類は何気なく書いていたら・・・・気がついたらひとつを除いて残り全部が山廃になってしまって・・・・。これも仕方ないか。

ではまた。大阪で会える人もいらっしゃるかもしれませんね。

| | Comments (0)

July 27, 2006

きき酒のつもりが・・・・

酒粕がついに大きなタンクに踏み込んであるもののみとなり、今日いよいよそのタンクに入ってスコップで必要量を下に据えたタンクに掘り出しておりました。

この力仕事は藤井か髭面となるのですが、内勤の髭面に仕事を覚えてもらうために、今回は髭面の「酒粕掘り」のデビューとなるのですが、やはり初めてのこと、下に据えたタンクの外にずいぶんと落としておりまして、滋賀県知事じゃありませんが「もったいない」ってところなんですが、これも仕事を覚えてもらうため・・・・・・我慢我慢。

でも、この大きなタンクは冷房をしている仕込み蔵にありますんで、結構涼しくっていいんじゃないかいって思うところなんですけど、実際はそれ以上に重労働・・・・・。

お袋の奈良漬用の分を先に確保し・・・・・。それから出荷用の酒かすを掘っておりまして、今日だけで合計1トンは掘ったんじゃないかな?髭面ご苦労さんです。


そんな風景を見ながら私はいつものように瓶詰めの準備へ(何せアイテムがいいから)。今回在庫が不足してきたのは亀の尾の純米大吟醸。

しかしタンクにはもう2年ほどほったらかし・・・・・??。またタンク内の量もすくないからこりゃもう老ねてしまって活性炭とかで酒質の矯正をしないと売りもんにならんかなーって思いながら、タンクの呑みを切って小瓶に詰めてきき酒を。

ちょうど近くに髭面がおりまして、そして酒粕を詰めている藤井も涼しい仕込み蔵におりましたんで、仕込み蔵で3人できき酒してどう矯正しようか意見を聞こうかと思っていたんですけど・・・・。

結果はなんともありがたいことで・・・。2年もたってるのにまだ老ねておらず、味がまだ少し荒い感じのする味でした。それが何杯も(きき酒なのに)飲んでいくうちにいい甘味が感じられるようになってきて、ついつい小瓶が空っぽに・・・・。

3人で僅かな時間でしたけど、ほぼ”宴会”状態。ですからなかなか持ち場に帰らない私と髭面を見た嫁さんはやっぱり呆れ顔・・・・・。

いつもながらお恥ずかしいことで。このタンクの酒は初呑み切りで並べてみます。

どんな反応がいただけますか・・・・・。

| | Comments (0)

ショックな情報

本日午後から瓶業者が来て(まあ集金なんですけど)、ちょこちょこと話しておりましたが、その中で「またか」って話。

また同業者の廃業の噂。それもかなりの規模の蔵元みたいです(ただかなりの規模といっても製造量のほとんどが大手の下請けみたいなんですけど)。

その噂が本当ならおそらく大手から下請けの打ち切りの通告があったというのは誰でも想像できるところ。そして自己のブランドがしっかりと独り立ちしていなかったというところなんでしょう。

まあそれも仕方ないかってところなんですけどね。

自業自得なのかもしれませんけど、造り方や考え方は違っても、同じものを造ってきた仲間、なんかやりきれないねって気持ちになりますね。

ここ最近かなりの規模の同業者が潰れたといった話を聞きます。今までのやられたところは酒造り以外のことに手を広げて、それが大きく影響してやられてしまうってところでしたけど、ここ最近の例では酒造り以外に手を広げておらず、純粋に酒造りでがんばってきたところがやられたというのはやはりショックですね。

そのうちのひとつが私の学生時代同じ研究室で一緒にやってきた先輩のところだったんで、より複雑な気持ちになってしまいまして・・・・。

| | Comments (0)

July 25, 2006

言われてみると困りましたね・・・・・

電話であるホテルの担当者の方と話していたんですけど、そんな時「これからいい商品はありますか?」ってきかれて、なんとも答えることができなかったんですね・・・・。

そういえば今のところよく出ている商品はありますけども、そんな商品ってそのホテルほとんど取り扱いなんですね。その他って言われると、正直今の時期いい状態の商品ってないんですね。

山廃のタンク貯蔵ってまだまだ出せるわけないし、山廃の生酒もまだまだ若い感じがしますんで出すことができないんで、思ったより出せそうな商品ってあまり見つからないんですね。

初呑み切りが終わって、しばらくしてから急にいい感じに熟成した商品が不思議とで出すんですね。

大体10月くらいからだとけっこう自信もっておすすめできる商品あるんですけど・・・。ちょっと今の時期だとちょっと辛い・・・・・。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2006

やられた・・・・・・・。

昨日、スポーツ大会なるものがありまして・・・・それに出てくれと懇願されて、断れない理由がありまして・・・。

そしてこの日行ってまいりまして、小学校のお遊び以来の卓球へ??

何で卓球なんかやらないといけないのって思いながらも・・・。そして会場へ。

だったら私と同じ断れない立場の人がいまして・・・。実はこの方私と同じ地元自治会の役員さん。今年自治会の役員をしている関係でどうも断ることが大変難しい立場。そして体育館の中に入るとまた役員さんが1人・・・・。そして話しているとあと3人の役員さんが他の競技へ・・・・。やられたって感じです。


その日は午後から同じ自治会の役員が午後から作業の日。

草刈機を出してきて、地元の川沿いの伸びた雑草の刈り取りがありまして、この雑草が大人の身長ほどありまして、なんとも刈り取りがやりにくいのなんのって・・。またその伸びた雑草が川縁の斜面のところにも深く伸びてまして、足場は本当に不安定だわ、雑草が重いわで一気に疲れまして・・・・・・汗がなんとも一気に噴出してきて・・・・キツイ・・・・・・。そんなきつい1日でしたんで、今日の腕が張りっぱなしで午後から会議に向かう車のハンドルが重いのなんのって。


会議は各酒造組合が合併してひとつの酒造組合になるにあたり、その記念行事についてのものだったんですけど、ウトウトと何度もしてしまうことに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2006

杜氏が変わるということ

午後から久しぶりに酒を積んで配達ができまして、けっこう気持ちが良かったりして・・・・。

そんな時に携帯電話が鳴りまして、お付き合いのある関東の酒販店さんからでした。

ある蔵で杜氏が変わる?もう変わってるの、本当??って内容の質問。

確かにその蔵で今年から杜氏が変わること知ってましたから(どこで知ったかは完全に忘れてます)、確かに変わりますって話程度でしたけど、なんか話したの久しぶりって・・・・・でもないか。


確かに蔵で杜氏が変わるということは本当に大きなことです。

中にはしょっちゅう杜氏を変える蔵元もありますけど、杜氏が変わるということはその蔵が長年築いてきた「味」というものがガラッと変わることがあります。

1人の杜氏が長く蔵にいて、その杜氏に長く仕えてきた蔵人(大体は頭かな)がそのまま杜氏になる場合はそんなに変わらないだろうけど、大変重要なことであり、気になることですね。だから、その酒を販売する酒販店にとっても杜氏が変わるということは大変興味のあること。

その人がこの蔵に来る前はどことどこの蔵にいたとか、また前の蔵の役職なんか気になることでしょう。その人が以前にどの蔵を渡り歩いてきたかっていうのは、その人が造る酒の性格がわかることが多いというもの。気になって当たり前なんでしょうね。


たしかにうちでも杜氏が変わるときは親父が心を鬼にしたっていうし、変わった杜氏(今の杜氏ですけど)最初の造りが終わってから夏頃からよく電話して来ましたし、次の造りでは本当に酒の味のことよく聞いてきましたからねぇ。杜氏自身にしても気になることなんでしょうね。

今日の電話でついつい16年前のことを思い出してしまいましたねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2006

ペンキ・・・・

 髭面、昨日からタンクの周辺での仕事。これタンクのペンキ塗りです。仕込み期間中にもろみを冷やすためにタンクに冷水を通すマットを巻いておりますが、これを何年も巻きっぱなしにしておきますと、そこだけ錆びてきましてそのままで放置しておくとタンクがいかれてしまいますんで、こうして何年かに1回手入れするんですが、今年髭面がいてくれますんで昨日からやってもらってるんですけど、全部一気にやってしまう時間が今はないんで、一部のタンクだけとりあえずってところなんですけど。

まずは毛の部分がステンレス等の硬いブラシでタンクにできてしまった錆をごしごしと削りとってから、錆取りを塗っておくんですけど、この錆取りの匂いがなんとも変な匂いでかなり閉口してました。

だって猫の糞みたいな匂いなんですから・・・・・。

それから今日になってようやく緑色のペンキ塗りです。見た目簡単そうですが、結構大変みたいで、思った以上に時間がかかってまして今日1日では塗りきれなかったみたいです。

また月曜日なんですけど・・・初呑み切までにこのペンキの香りなくなるかなってちょっと不安にもなりましたけど、水性だからまあ大丈夫かって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2006

とりあえずの酒の会でもその後が大切だったりして・・・・

昨日大手ホテルチェーンの酒の会に行ってまいりました。

2ヶ月に1回のペースで蔵元を2社づつ呼んでの和食と日本酒を楽しむという企画なんですけど、蔵元はお酒を寄付・・・・・なんですね。

そしてお客さんと一緒になって食事しながら日本酒のことなどを話すといった会でした。

このホテルうちからは実は遠い。電車で行ったら約2時間。おまけに駅からなんとも遠いから駅からが大変。車で行っても2時間近くはかかるといった不便なところ・・・・・。

夜の会なんで、もちろん酒も飲むし終わる時間も遅くなるといった会なんで、電車で帰るとなると終電近くなってかなり辛いんで、その日は宿泊することに。

でもただ宿泊するだけではもったいないんで、このホテルの近くで、うちの熱心なお得意先をお誘いしてホテルの会が終わったら飲むことになりまして・・・・。


ホテルの酒の会はまあこんなもんでしょう。

前にこのホテルでの同じ会に呼ばれたときには隣で日本酒の会なのにビールを飲まれてずいぶんと不快な思いをしたんですけど、今回はもうそんなこともなく普通に終わったといった感じです。

客層は日本酒が好きな方が多いと思いましたんで、飲みやすいタイプのすっきりとした酒よりも、味のしっかりとのった酒のほうが好まれているように思いましたけど、これがすぐにうちのファンになるかといったら・・・・・・・・そう簡単な話じゃないですね。


会が終わってから、一目散に待ち合わせのお得意先へ。

そこでお得意先の店長と卸の方(卸とは基本的にお付き合いはしないけど、この方だけは別。もうえらく出世されて支店長になったとか・・・・)と合流。

女性が経営されてる日本酒バーみたいなタイプの店で、スタッフも全て女性。こんな店がありまして、ぜひそこに連れて行って欲しいとねだってましたんで、その店に3人で行ってきました。

落ち着いたいい感じの店でした。日本酒と焼酎がきれいに飾ってあって雰囲気もよかったんで、ついつい・・・・・・。

あっかんは「燗酒ロック」。酒を燗付けして、すぐに氷を入れたグラスについですぐに冷やす。初めての経験でした。

低アルコールの酒で最初やって・・・・・・・??水のよう・・・・・・。でもこんなのもありかなーって・・・・・。

次にうちの濃い味の商品もうれしいことにありましたんで、それもやってもらうことに。

これならやはり薄いけど、味は十分に残っていて飲めるって思った次第。強い酒って良いねって改めて思いました。

話が思いっきり弾んだんで、夜中まで飲んでました・・・。めちゃ楽しかったですね。

そして今日は二日酔いではなかったけど、睡眠不足で・・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2006

もう粕が・・・・・・・。・・・・・・・・。

酒粕が動き出すとそれからは一気呵成です。

一旦出荷を開始したらそれからは早いのなんのって。もうタンク2本が空っぽになってしまいました。

今日、1本空っぽになったんで、また次のタンクに移ったんですが、このタンクには吟醸粕が一緒になっているために最初からやわらかい・・・・・。

まだなんとか酒粕としては出荷できるけど、これ以上やわらかくなったらまた売りづらくなってきます・・・・・・。


本当はこんな粕の方が味も甘みも申し分なく、焼酎や味醂のような余計なものを使わなくても十分に旨いんです。

ただ、やわらかい酒粕を使ったことがないってことでしょうか。あるいは酒販店がこの粕だったら焼酎や味醂が売れなくなるから嫌がるってこともあります。

しかし、このようにやわらかい粕は売りにくいのは今のところ事実です。

しぼりきれない木槽天秤しぼりなんだからこのようにやわらかくなるのは仕方ないところなんですけど、この粕が良いというのをこれから時間をかけて伝えていかなければならないんですけど、これは本当に時間がかかりそうですね。


今日杜氏が電話してきました。4日の夕方に来るとのこと。いよいよ初呑み切りモードに入りつつあります・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2006

700kgのブルーベリーが・・・・

昨日のお客さんの応対とかその準備とかで1日使ってしまって、昨日する予定の買い物数件が今日せざる得なくなって、約5時間もお出かけ。すべてお買い物。

その留守の間についにリキュール用のブルーベリーが700kg到着したようで・・・・。

社長が3人がかりで全部洗浄機を使っていちいち洗浄してたみたいです。しかし、本当の手作業だったようで、午後1時過ぎからもう夕方遅くまでやってたみたいです。洗っただけなのか、もう仕込んでしまったかはまったくわかりません

。しかし・・・・洗ってたところがかなり紫色になってるねって思いながら・・・・・・(これどうすんのって・・・・)、どうなりますかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2006

大阪から2輪で(時に土砂降りの中)

大阪市内のお得意様が本日午前10時30分ごろ2輪に乗ってご来店の予定だったんですが、曇っていた空が徐々に怪しくなってくるにしたがって遅れてきたのか、予定時刻になっても来られず、そのうちに同伴者の2輪が不調となりずいぶんと遅れるとの連絡もあり、そうしたらその時と時を同じくして、急に外が土砂降りとなり結局は先に予約しておいたであろう昼食に先に行くことになったようで・・・・・・。

で、うちに到着が午後1時30分ごろに変更となり準備していたうちにとってはちょい拍子抜け??

それからまた遅れてしまったようで・・・結局到着は予定より1時間遅れの2時30分でした。

別に今日は予定も入れてなかったんで、私も気楽に応対はしておりました。


この酒販店さんとは比較的好みが同じなのか、うちの今の酒質を理解していただいているようでありがたいことだと思いながら、いろいろな種類の酒をきき酒していただいておりまして、やはり酒のことを話すんですから、結構話が続くもんでお帰りになられたのがもう5時ごろになりましたかね。

話していると時間が短いもんです。

いつも蔵に来られるお客さんが昨日もそうでしたけど、みんなこんな感じでしたら私も気持ちよく応対できるんですけどね・・・・・・。

それから渋滞の中大阪市内へと帰るんですから、小回りのきく2輪とはいえ大変だろうなって思いましたね。

昨日今日とうちのお酒に対して理解のある方の来蔵は話していても楽しいし、参考になることも多々ありますんで助かりますね。

さて、今日も話が出た初呑み切りのこともそろそろうやっていかないと・・・・・・です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2006

熱心なお客さん

今日も東京から女性のお客さんが1人でいらっしゃいました。

名古屋でも用事があるっていってらっしゃったし、その他の用事もあるようで。一番目の目的は何だったんでしょうか。

ちょっと前も横浜から女性のお客さんが1人でいらっしゃいましたし、最近は女性の方が本当にこんな行動力があるんだなって思った次第です。

この方とは以前に何回かお会いしている方でしたし、ちゃんと覚えておりましたんで、見物じゃなく、見学であること最初からわかってましたんで、何の抵抗もなく蔵に来ていただくってことになりまして、本日午後に来られました。

東京の姉御や近所の姉御、H姉ェとかとちがってあまり日本酒のキャリア??は無いようで、まだ日本酒に目覚めてからは2~3年とか。ちょっと意外でしたけど、日本酒を知るときに本当に良いところで良い日本酒に出会うことができ大変ラッキーな方であることは確かです。

しかし、それからは溢れんばかりの行動力で色々な酒を飲み、そして自分なりの舌を作っていかれたんでしょう。ちゃんときき酒の能力はあったように思えます。というか自分の舌というものが自分なりにしっかりできあがっていたんじゃないかなって思えましたね。

多少の自分の好みに合わせた舌ではありましたが、そんなこと言ったらうちの営業の藤井とか、そして親父や私は完全にかたよった舌??

でも自分の好みをしっかりと持っているというのはたいしたもんだなって思った次第。

うちできき酒してはっきりとした意見言うのは女性のほうが明らかに多いですね。


こんなお客さんがどんどん増えてきて、多数派になったらうちの酒ももっと出るだろうに・・・・・。正直こんなお客さんたちはまだまだ少数派ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2006

外食の場で

10日の日に行く予定だった外食に昨日行くことができました。

うちの商品も置いてあるホテルのレストランです。でも会員の平日半額券があるからこそなんですけど。

ここのレストランでは正直面は割れてます。そして失敗したことに予約の名前を嫁さんにしておいたらよかったのに、ついつい私の名前で予約してしまったもんだから、行く前からもしかしたらとばれていたのかも??

そして仕事終わってから電車で行ったんですが、レストランに入ったら担当の方もうすうすわかっていたようで、顔を合わすなり「どうも、こんばんわ」ですね。

やはり、知っている方が数人いらっしゃるとそんなことはないだろうけど、なんかずっと見られているみたいで最初は周りの目が気になっておりましたけど、酒を飲みすすんでいくにしたがって徐々に気持ちもほぐれてきてリラックスできました。

しかし、お勘定のときなんかではまた緊張が不思議と戻ってくるんです。何でなんでしょうね??良くしていただいたんでお礼をしなきゃいかんね。このホテルそのほかにも結構知り合い多いんで・・・・・。


このレストランは日本酒に大変力が入っていて、地元の日本酒をどんどんすすめてくださっているので、われわれ蔵元にとっては大変ありがたいこと。

緊張感がほぐれてきたら、嫁さんと席を立って日本酒が並んでいるカウンターでどんな酒は並んでいるかを眺めておりました。その中にうちの酒もあることはすごく気持ちが落ち着きますね。

しかしながら、他のお客さんにはまだまだ飲まれてないのかな??カウンターで酒を選んでいる人いなかったから。まだまだこれからなんでしょうね。

どんどん日本酒がこのレストランで飲まれていくことを望んでおります。

でも、今までだったら価格の安い酒を大量に仕入れていて、味は2の次ってところが多かったけど、こうして色々な良い商品をそろえるってことはいい方向に向かっているんかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

詳細は明日にします

夜遅いんで・・・・

本日ようやく10日に嫁さんと行こうって言ってた外食。

帰って会社の売り上げ・入金入力してたらもうこんな時間。明日体がもたないような気がして・・・・・。


詳細は明日にします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2006

多分のお知らせ  初呑み切り

来月5・6日の初呑み切りについてのお知らせですです。

初呑み切りと同じ時期にうちの目の前の道路で工事が行われることが決定しました。

6日は日曜日ですので工事はお休みなのですが、5日の土曜日は工事は行われるようです。もしこの工事区間がが初呑み切りの時にうちのまん前になると大変移動が不自由となり、うちの駐車場にも進入できない可能性が出てまいりました。

ですから、5日の日曜日にいらっしゃる予定のお客様は十分にご注意してください。

車でお越しの予定のお客様はできるだけ電車・タクシー・バス等でのおいでをお勧めします。


なお、6日の日曜日にお客様が集中する可能性が大変高くなってまいりまして、当日は大変混雑がすでに予想されております。
一番混み合う時間が例年通りですと、お昼前後と予想されますのでその時間帯を避けてお出でいただくことをお勧めいたします。

今年は、公式ホームページで初めて初呑み切りを周知しましたら、予想を超える人出になり、少々とまどっております。

このように混み合いますのは初めてのことですので、いらっしゃるお客様には大変ご迷惑をおかけします。

なお、蔵内は土足でなるべく入らないようにしていただきたく、こちらでもスリッパ等は支度しますが、不足することが予想されますので上履き(スリッパ等)の準備をしていただければありがたいです

また念を押しておきますが、くれぐれも納豆を前日から絶っていただきますよう、当日は香水等の香りの強いものもつけられないようお願いいたします。色々と要望をいたしますがよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2006

瓶詰作業 暑いです。

午前中に2種類の酒の瓶詰でした。

毎年この時期にはあまり瓶詰をしないんですけど、なぜか在庫が無くなってしまいまして、この暑い季節に瓶詰となってしまいました。

詰めた酒は佳撰の普通酒と速醸の純米酒でしたんで、熱酒瓶詰でしたんで、横でバーナーをガンガン焚いての仕事。なんとも暑いのなんのって。

また梅雨明けしてないんで湿度がなんとも高くてよけいに辛いのなんのって・・・・。

本数は2種類合わせて1600本ほどの小規模な瓶詰でしたが、普段よりはるかに汗をかきまくっていたというか・・・・・。

しかし、他の人と比べると私はあまり汗をかかないみたいで、隣で仕事しているおばちゃんはあごから汗をぽたぽたと流してまして、それと比べると私は額にうっすら汗をかくくらいで、あとはTシャツの下に汗をかいたくらいでしたね。

これって私はいい汗をかいていないってこと??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2006

誕生日でしたが・・・・

本日(10日)私の誕生日でした。

しかし、朝からめちゃ忙しくて・・・・・、仕事後の嫁さんとの予定もすべてキャンセル。

散々な誕生日だったけど、自営業の誕生日ってこんなもんですね。

そういえば姉たちや、両親にも特別なことしたことがないなって思った次第。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2006

最近話してるかなー?

私が昔よく言っていた話で「人が話さなくても、酒が話してくれる」ってフレーズですけど、そういえば最近はそのフレーズをあまり言わないなーって思ってまして・・・・。

ということは私が自分のところの酒とじっくりと話していないからかなって思ったりもしますけど・・・・・・。

でも、ちょくちょくきき酒はしているしねー。最近は深く深く味わっていないからなんかな??あるいはうちの酒質がちょっと一般的になってきてるのかなって思ったりもします。

確かにうちの主力となっている商品なんかは、昔はあまりにも個性的過ぎて、4回飲まないと好きになれないって言われてましたけど、最近はそんなこともないみたいで・・・・一般的な味になってしまったのかなって思ったりもします。

だから今よく出てて品薄になってしまったのかなー?ッて思ったりもします。

そうなるとうちらしくないって気もするんですけどね。だから、今でもうちの酒って1人でちゃんと喋ってるのかなってつい思ってしまうんですけど、どうなんかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

在庫を見ると、最近は・・・・・・・

午前中冷蔵庫に貯蔵している酒を出しにいったところ、手前に3本だけあって、後ろに5段積みの6本入箱があったんで、その箱から下ろしたところ、なんともそれから酒造年度が変わっていることを発見・・・・・・。

久しぶりに冷蔵庫に酒を出しに入ったもんだから、まだまだ今出している年度の酒があるもんだと思い込んでいたんですが、今日このようなことに・・・・・なりまして。

今の年度が無くなったらすぐに次の年度というわけにはいかないんですけど・・・。


また、ついでにと他の冷蔵庫を見てみるとまたちょいと在庫が淋しくなっているアイテムを発見・・・・・。

これもまた・・・・・。と・・・隣の冷蔵庫のアイテムもまたひとつ・・・。

毎年のことなんですけども、この時期になると数アイテムの淋しい在庫の商品が出てくるもんです。毎年そうならないように造って、大丈夫なだけの在庫を持ったつもりなんだけど、アイテム数が多いもんだからどうしても十分な在庫を持てないときもありますね。

ですから、毎年の課題としてアイテム数を削ろうと考えてはいるものの、削るどころか増えていっているのが毎年の事実。辛いねー。

心をより以上に鬼にしないといけないかなー。仏ってわけにはいかんのだねーって思うとき。

それが在庫が少なくなっている商品を見たときにですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2006

このあたりは湿度が高くて・・・・・

うちの近辺はどうも湿度が高くてこの時期とてもきついですね。

毎日自宅の台所では除湿機が大活躍をしておりますが、1日に2回タンクが満水となってしまうくらいの湿気がありまして、もし除湿機がないとなりますともうあちこちでカビが生える環境なんで、もう除湿機は必需品なんですけど・・・・・。

しかし、どの除湿機も排気は少し温かい風が出てきますんで、その影響もあり台所はもう蒸し暑いのなんのって・・・・(しかし寒い冬場にこの暖かい排気が部屋を暖めてくれるかというと、全然そんなことはないんです。そんな意味では使えません)

真夏になりますと室温が35度にもなりまして、そこで火を使うもんですからもうサウナを通り越した状態になってしまいますんで、一昨年もう耐え切れなくなってついにエアコンを入れてしまいまして・・・・・。

そんなところですここは。それが蔵内ともなりますと酒の貯蔵蔵はもちろん冷房をかけておりまして、自動的に除湿もしてくれますんで助かるんですけど、仕込蔵にも貯蔵しておりますんで、そこも冷房を入れますけど、広いので普通の冷房では利かないんで、冷風扇で冷たい風を送っておりますが、悲しいかな除湿をしてくれませんので、別に除湿機を置いて何とか除湿はしておりますが、それだけでは足りないで、ちょっと気を抜くとすぐにカビがきそうになりますんで、ちょい困っておりますが、これは今のところ仕方がないみたい。

このあたりは本当にあちこちに川が流れており、あちこちで湧水がある水の豊富なところではありますが(しかしながらある一線の水脈を除けばすべて鉄分を含む水なんですが・・・・)、そのために湿気が多くて夏は大変過ごしにくいところ・・・・・ですね。

仕方ない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2006

こういうのが一番困ります

困ったファックスが来てしまいまして・・・・。

眠くて辛かった会議から帰ってから事務室のファックスを見に行ったら、上の部分の少しだけがうつっているだけで、あとは何もうつっていないんで、いったい誰からのファックスかまったくわかりません。

ご丁寧に一番上に小さな文字で、発信元が書いてあるもんだけど、これには何も出てませんし、ただ何時に送信したかがでているだけ。

もうどうしようもないんでまだ届かないって連絡が来るのを待つしかないわねって半ばあきらめ顔。こういうのが一番困りますね。こちらではもうどうすることもできないから・・・・。


さて、本日苦手な会議・・・。最近はなぜかいつも寝るのが遅いんでどうも会議中は眠くて仕方がないってところなんです。

しかし、どうも今回の会議はそうもいかないようで、・・・・・・。

各税務署館内に酒造組合が現在はありますが、10月1日に合併ということになりまして、それを記念してのイベントが開催されること決定しまして、一応全蔵元が参加してのイベントとなりまして、それをどのようにしてやっていくかといった内容の会議で、初めてのイベントなんでまあ色々と決めないといけないことがあって長く感じた会議時間でしたね。

開催日は10月1日。場所は酒造組合御用達みたいな感じのいつものホテルで行われます。

またこれからこのことについての会議が今月ありますんで、どこよりも先にご報告???

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2006

7月・気がつけばいっぱいの用事が・・・・・でもそれ以外に

やっと自宅のカレンダーに私の用事を書き込んでいると結構いっぱいあるやんかって・・・・。

それもあまり自分の仕事の用事はなくて、酒造組合の会議とか、お付き合いの(本当に単なるお付き合い)酒の会で仕方なく一泊とか、地元自治会の会合が意外と多く・・・・・・・それが結構私の仕事の足を引っぱったりもする・・・・・。

しかし、これはここの地で商売をさせていただいていることなんでやらなければならないこと・・・・・・・役員をしている今年度だけは我慢??????


さて、意外と今日はじっくりと考える時間もとれたんで、瓶を洗っている髭面の隣で(といっても10メートルくらいは離れてるけど)髭面の仕事を見がてら、ボールペンを片手に何を考えるかというと事務室から資料を持ち込んで、タンクの中の酒の量の確認と商品別の現在の出荷数量をぽけーっと見ながら今酒造年度にどのくらいの酒が必要になるかを今からメモ程度ではありますけど、書き留めておりました。

毎年9月くらいには具体的な計画を立てないといけないんで、その時になって時間に追われてどたばたと一気に考えると必ず「忘れ」が出てくるもんなんで、気がついたときにメモを取っておくと後々便利なんです(しかし、去年はそのメモ土壇場で無くしてしまって・・・・・・・・)。

やはりまったく同じものを造っていては飽きられてしまいますんで、何か今年も新しいものをと考えることが結構楽しくもあり、めちゃ苦痛でもあるんですね。

さて今年はすでに新しい商品はひとつ。そして復活予定の酒のひとつ(これは米次第)。

と考えているうちに2種類ほど在庫がやばい商品が発見されたりして・・・・・・。

これらの商品ただ早く仕込めばいいってもんじゃないから、急に仕込みの計画よりもこの商品の出荷量を前年や前々年と比較しながら出荷計画を考える破目となってしまいまして・・・。

そしてそれからは髭面の横を離れてパソコンの前の人。出荷量調整商品のお知らせの文書を作ることに・・・・・。なんともやりきれない文書やねって思いながらも、これを書いていかないと大事な商品の意味のない垂れ流しになっても困るし・・・・。

これからは各お得意先ごとの出荷量の推移を見て出荷量を合わせていかないと・・・・・・。主力商品なだけにやばいです・・・・・。あまりいい気はしない仕事ですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お中元・・・・・・・・・・

なんでこう田舎っていうところは動きが遅いのかなーって思ってしまいます。

一般のお客さんでも、都市圏の方はもう今月に入ったらすぐにお中元を贈られている人が多いんですけど、どうも田舎では店にお中元商品が並ぶのが今月に入ってからゆるやかにって感じなんで、どうもやりにくいですね。

どうしてもメーカーというものは早い方にあわせて商品を支度していきますので、先々を見がち。

どうしても少しづつ商品の支度が早くなっていってるのが一般的な傾向。

ちなみに今日話していた印刷業者の営業なんか、もうすでにお歳暮商品の検討に入っているとのこと。なんともお中元とか、お歳暮とかではもう季節感を感じなくなっているんでしょうか?

どうも先を見すぎているのか、また早く準備をすることに必死になっても、思った時期に商品があまり動かないとなんともあんなにがんばったのに・・・・・とか、あれっ??とかなんだか変な気分になるのは私だけなんでしょうかね??

なんか毎年そんな感じなんだけど、どうも慣れなくって・・・・。

今年も地元ではそんな感じなんですけどね。それとも営業の問題とか他に理由があるんでしょうかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2006

久しぶりの感激の再会

本当に久しぶりに再会しました。もう何年前でしょうか?もうしばらく会ってませんでした。数年前に感動的な出会いをしてからずっと考えてましてどうしたら出会えるんだろうなって考えてたんですが、なかなか会うことができずに仕方ないなって思ってはいたんです。

しかし、あの感動的な出会いが忘れられずに、いつ会えるかいつ会えるかって考えてまして、久しぶりの対面をしました。

それは人物ではありませんで、冷麺でして・・・・・・・・・。

学生時代の友人の結婚披露宴での引き出物の中にカタログが入っておりまして、その中に盛岡冷麺がありまして、何気に申し込んだんですが、いざ食べてみたらものすごくって・・・・。

そうしたらスーパーで売ってる冷麺が食べられなくなってしまって・・。

ネットの通販で買うこともできたんですけども、どうも送料がネックになってしまってなかなか手が出せなくなってしまいまして・・・・。また盛岡で勤務している大学時代の同級生にも連絡をしてみたりして・・・。

そんなときに嫁さんとふらふらと出かけたときにある百貨店で東北6県の物産展がありまして、何か酒が売ってあるかなって試飲が目的で足を運んだら、偶然見つけました。

お目当ての盛岡冷麺が。

もう酒なんか完全に忘れてしまって(結局酒は出てなかったんですけどね)2人して思わずガッツポーズしてすぐさまご購入。

決して安い商品ではなかったんですけど、一旦勢いがついたら止められるわけもなく、買ってしまいまして。もういつ食べるか今からもうやばいです。

しかし消費期限もあるわけですから、いつかは来てしまうお別れの日。

また、これを探して悶々としなければならないんですなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2006

7月です。

7月になってしまいました。今年ももう半分終わってしまいまして、残り半分が内容の濃い期間になることでしょう。

まずはお中元の仕事からですね。

それからは初呑み切りの大きな仕事があって、それがおわってもう気がつけば蔵入りってことになってるんですね。

もうそれまではあっという間ですね。

さて、これからまず今月なんですが、何からこなしていきましょうかね。

まずは3種類もたまった瓶詰め・・・。

アイテムが多いばかりになんか瓶詰めばかりしているような??

そうして奈良漬用の酒粕の出荷が本格化することでしょう。これが暑くて汗がだらだらと流れる仕事です。今月来月と暑くて体力が消耗することになるでしょう。私は暑いの苦手だから・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »