« 初呑み切り 1日目・2日目 | Main | 柿渋塗り・・足りなかった・・・ »

August 08, 2006

落ち着きました

5日・6日と2日間にわたる「初呑み切り」を終えて、今年は人が多かったなって感じでしたね。

2日間で大体100人をわずかにこえたくらいの方がいらっしゃいました。色々な方々の大いなるご好意のもと、公式ホームページを立ち上げて初めて告知したのがもろに効いて、去年の倍の人数が来てくださいましたんで、なんともはや・・・・。
200686isaosenmu
(左は呑み切り2日目のお客様が撮って送ってくださった写真です)

去年までは並べた酒が空になったことがなかったのに今年は15本以上の酒が空になり慌てて追加したことも驚きでした。

また念のために追加で準備したスリッパ・サンダルが足らないかって焦ったこともありまして、なんとも盛会で終わったような気もします。


また座敷に上がって宴会するグループの中で必ずマナーの悪いお客様がいて灰皿用意してないのに平気で煙草を吸い出す方がいらっしゃったり、挙句の果てには酔っ払って「かばた」に落ちる方がいらっしゃったりその他ひどいお客様もかなりいらっしゃったんですが、今年は幹事役の方が「初呑み切りとは酒を飲みに行く場ではない。蔵元が今年のできた酒を評価する場であるから、その場に一般で参加するものはそれなりの覚悟でしっかりと酒を評価しなければならない」とこちらに来るバス中でしっかりと言われていたようなので、大きな混乱もなかったようでした。

こんなときは幹事さんの力量が問われるように思います。


「初呑み切り」ってよくイベントや酒の会みたいに言われるんですけど、決してそうではないっていうのがうちのみんなの認識です。

最初の頃は平日に農作業で忙しい杜氏が体の空いたときに来て、杜氏と社長と私と営業さんがタンクの酒をきき酒して、翌日に杜氏と私が木の道具に柿渋を塗って終わりっていう決して会じゃなく「やらなければならないこと」だったんですけど、数年後に超マニアックなお客さんが杜氏が来るからといってうちに会いにきて、そしてついでに一緒にきき酒をしたのが始まりなんです。
200686hastunomikiri


それがいつの間にかそのお客さんが知り合いを連れてくるようになって、座敷に上がりこんでの懇親会が宴会に発展して、それからただタンクの酒だけじゃ面白くないって瓶貯蔵の酒やもう一般に出荷している商品も並べるようになって、だったらお客さんが来やすいようにって日曜日にするようになって、それがまだ発展していって1日では人が入りきれないからって土曜日も増やして、そうして今に至るって感じの自然に発生したうちにとっては現象みたいなものと思っております。

だから毎年何か出し物とか、内容を練って毎年違うことをして参加者を飽きさせないようにするといったイベントみたいなことは何もしておりません。

徐々にお客さんにわかりやすいようにと出品一覧表を作ったり、意見を具体的に聞きたいとアンケートを作ってみたりと色々なものを追加していって、少しづつ発展しているって感じですね。

200686touji
(写真はお客様に説明中の山根杜氏。2日目です)

「初呑み切り」の効果はやはりその商品の今の状態が客観的にわかったり、実際にこの商品を消費する消費者の皆さんの生の声が聞けるという大きな効果があります。

時には厳しい意見も聞くこともありますが、それも全部お客様の声として受け止めております。大変貴重な意見をいただける場として、その効果はとても大きいと思っております。

この初呑み切りをきっかけとしてできた新しい商品は数多くあり、それがうちの主力として育っているものもあります。また造りに関しても大変貴重な意見をいただけます。


「初呑み切り」はまだまだ改善しなければならないところたくさんあります。今年思ったんですが、これだけ多くの方がいらっしゃった場合、一気に来られると入りきれなくなってしまうので場所の問題があります。

また、どうしても一時に人が密集してしまいますので、複数個所に扇風機で空気を動かして少しでも暑いという気にならないようにしてはおりますが、熱気でじっとしているとじとーって汗をかくほど暑くなってしまうところも問題です。

また出しているお酒がどうしてもあたたまりすぎてしまうという問題もありますのでこれも直さないといけないし、その他色々と直さなければならない課題もあります。

以降も直さないといけないところはたくさんあります。残された課題ってこうして思うとけっこう大変なことが残ってしまったねって思います。

でも、肥大化したイベントにはしたくないって言うのがうちの全員の意見ですので、少しくらいはお客さんにも我慢してもらいたいかなって・・・・・・・・。いかんかなぁ・・・・・・・・・・?

今年は髭面や働く農協青年がよく手伝ったくれましたんで、ずいぶんと長くお客様と話すことができまして、後始末もずいぶんとやってくれたんで助かったっていうのが本音??かな??また来年もお願いしよっと。

今年は具体的にどんな酒が良かったのかはまだアンケートを集計してないからどうとは言えませんが、空になった瓶とか色々と話していた時にお客さんがどんなことをおっしゃってくださっていたかを、まだかなり記憶しておりますから、またまとめたいと思っています。

|

« 初呑み切り 1日目・2日目 | Main | 柿渋塗り・・足りなかった・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初呑み切り 1日目・2日目 | Main | 柿渋塗り・・足りなかった・・・ »