« リキュール しんどかったー | Main | レタリング?? »

September 07, 2006

出したいときに出せないこの辛さ。

午前中藤井と髭面とふとしたきっかけである商品をきき酒。

私がこの酒をききチョコに入れてあえて酒の種類を言わずに、いわゆるブラインドでのきき酒。そこでの意見。うちの酒であることはわかっていたんだけど・・・・・・。

確かに味がやわらかくて飲みやすいタイプ。一般的に考えるとこれでも十分に通用する味。

藤井曰く、「こんなタイプの酒ならあちこちにあるで」確かに藤井の言うことは当たりである。


これならもう出荷を始めても何の問題もないのです。

しかし・・・・・・。

これをうちの「・・・」という銘柄に当てはめてみると、うちの酒質をよく理解している消費者、酒販店にとっては、これは「・・・」じゃないってことになりますね。いくら酒質が優れていても、1度うちのイメージとして出来上がってしまったものはそう簡単に変わるもんじゃないなって思いましたね。


新酒のころから今までうちを引っ張ってきた主力の生酒がもう在庫が切れつつあり、次に出す商品が育ってくれればよかったんですが、今日のきき酒の結果ではまだ出せないなって思いまして・・・・・。

これからこれらの酒がどのくらい寝かせれば良くなるかわからないんですけど、しばらくは我慢の時期です。

ちょいとしばらくは辛い時期ですね。

|

« リキュール しんどかったー | Main | レタリング?? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« リキュール しんどかったー | Main | レタリング?? »