« 柿渋延長戦 | Main | 価格ってつけようがないんですよね。 »

September 02, 2006

やっぱりね

本日、堺市から木桶を作ってもらった業者が、底の部分がちょっとへこんでしまった木桶の修理に来られまして、それは2時間くらいで修理できたんですけど、それからがやっぱりねって思ってしまいまして・・・・・・。


倉庫にずっと置いてある昔の木桶の分解が始まりまして、そうしてそれを持って返ってまた再生させるんです。

ということは今年木桶が1本増えるということになってしまいまして、確かに木桶で仕込んだ酒は人気がありまして、あのほのかで独特の木香が人気みたいなんです。

しかし、仕込み中の木桶の準備と、仕込が終わってからの管理がとにかく大変で新しく入れるとなるとちょいと複雑な気持ちになってしまうんですけど・・・・。

そして木桶作るのはいいけど、仕込蔵いっぱいなんでどこに据えるのって思ってしまうんですが、まあなんとかなるかって気持ちになってしまいまして木桶が分解、そして積み込まれるのは見ておりました。

でもよく見てみると長い間使ってなかったんで、かなり下の部分なんかやられてるんです。


また底なんか雨漏りがあって、もう完全にやられてます。底は作り直しです。だから再生といっても相当小さくなって返ってくるんだろうなって思います。

桶屋さんも「分解して処分せずに、よく残しておいたね」ですって。そりゃそうですね。


しかし、どんな形になって、いつごろ復活して来るんだろうね。

|

« 柿渋延長戦 | Main | 価格ってつけようがないんですよね。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 柿渋延長戦 | Main | 価格ってつけようがないんですよね。 »