« 今のうちの位置。 | Main | 大阪国税局秋の鑑評会 »

October 05, 2006

 イベントにてうかがった話。
 そう悪くない話。
 しかし、問題は山積み。
 まずはそこに物が到着するまでの流れ。
 近所やその周辺を見る限り目も当てられない。
 地元の物の振興といっている。
 そりゃありがたい。
 しかし現実は、入りのいい物を動かす。
 物を扱うものが物を知らない。
 それでは物の良さや意気込みが伝わらない。
 それなのに、そこに依頼ばかりいく。
 なんかやりきれない。
 しかし、こちらはまわさない。
 
 物が到着するところ。
 そこでの物の陳列方法。
 そこは、人がたくさん集まるところ。
 見栄えの良い並び。
 しかし、それと引き換えに犠牲にしているものがある。
 加えて、こちらも物を知らない。
 これでは物がかわいそう。
 担当上司にいくら情熱があっても、気持ちがあっても。
 下がこれでは何の意味もなし。
 しかし、ここで物を求めようとする。
 これでは人が物から離れる。
 こうなってからでは遅い。
 
 結局しわ寄せはこちらにくる。
 だからまわせない。
 これからは人が減っていく時代。
 もう増えていかないからやり方も変わってくる。
 多くの人に受けようと思っちゃいかん。
 人が減るんだから同じようにやってはいずれはジリ貧。
 人の中からものに対する理解の深い人を探す。
 そんな人たちに見つけられたい。
 こうして少しでも長く続けたい。
 広げようとするのではなくて、しっかりと守っていく。
 そして固めていく。
 そんな将来が見えてくるのかな。
 
 しっかりと物を造っていかなければならない。
 そして、人を固め、守っていかなければならない。
 今までどおりじゃうまくいかない。
 そんな気持ちになったひとつの話。
 悪くはない話。
 しかし、実現しそうにない。
 別にそれでもかまわない。
 しっかりと守っていくから。

|

« 今のうちの位置。 | Main | 大阪国税局秋の鑑評会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今のうちの位置。 | Main | 大阪国税局秋の鑑評会 »