« May 2007 | Main | July 2007 »

June 29, 2007

初呑み切り 交通アクセス

初呑み切りにいらっしゃる方へ交通アクセスのご案内。
今まではJR安曇川駅からタクシーっていうのがいつもでした。しかし、1人や2人ではタクシー代結構高くつくんですよね。ですから、ちょっと接続が良くなった市営バス(新旭地域)の時刻表をここで書きます(抜粋)。
最寄のバス停は「大田神社前」です。バス停より徒歩1~2分です。(もうバス停からコンテナの冷蔵庫が見えてます)
 念のため、新旭駅でもタクシーはあります(安曇川駅より新旭駅からの方がうちまでいらっしゃる場合、タクシーは安くつきます)が、なんせ台数が少ないので止まっていない場合がほとんどです。タクシー希望の場合はあらかじめ電話で予約されておかれるのがいいでしょう(汽船タクシー㈱高島営業所)。

 こちらに来られる場合
JR新旭着    10:30  12:30  14:30  15:29
新旭駅発    10:36  12:33  14:33  15:41
大田神社前着 10:43  12:46  14:46  15:54

バスはJR新旭駅改札を出て右へ(西口)を出られますと、すぐにバスが止まっております。バスの東循環線にお乗りください。なお、JR新旭駅に到着する新快速電車はほとんど新快速敦賀行きです。各駅停車は10:20 12:12着もありますが、乗り換え時間が長いので、新快速到着後バス停まで”ダッシュ”の方がいいかも??

 お帰りの場合
大田神社前発  14:50  15:58  17:57  18:39
新旭駅着     15:02  16:10  18:09  18:51
JR新旭発     15:15  16:15  18:19  19:18

 JR新旭発の15:15(網干) 16:15(姫路)は新快速です。
その時間帯の各駅停車は15:31 16:35です。それ以降になりますと新快速はありませんのでご注意ください。 

| | Comments (0)

June 25, 2007

重なるもんだ

 予定なら、今日1日は順調に仕事が終わるはずだった・・・・。
しかし、1本の電話をきっかけに一気に様相が変わりました。そのために予定していた仕事がすべて後回しに。
事務室で黙々と探し物。それで午前中アウト。
午後からは、何とか夏ギフトの仕事にようやく戻れたんですが、それからまた・・・・・。
伝票の不手際が発覚。その伝票の処理をするのにまた2時間ほど浪費し、ようやく・・・・と思ったら・・・。
パソコンのプリンターの色調がまったく以前と違ってまして・・・・。
いや、まあ本当に重なるもんです。今日は本当に予定していたことが、髭面や嫁さんのおかげで何とか消化することができましたけど、当の私は重なるトラブルの処理に忙殺された1日でした。
すごく疲れました・・・・・・・。

| | Comments (0)

June 19, 2007

不老泉 山廃仕込 純米吟醸 無濾過生原酒 滋賀渡船

  本日、「不老泉 山廃仕込 純米吟醸 無濾過生原酒 滋賀渡船」 の出荷準備整いました。明日から初出荷となります。やはり軟らかい米の影響か、思ったより味乗りが早く、予定より1ヶ月以上も早く出荷が可能な酒質となりました。
 これから主要酒販店様にお奨めの行動開始です。しかしながら、在庫的に余裕もないので、最初から広く浅く出すことはしない予定です。十分にいけると思った時点で大きく広げていく予定です。しばらくはこの酒はどんな感触なのかを見極めながら、無理せずに長くやっていく予定です。長ーい目で見てやってください。
 一発の花火じゃないんだから、話題性だけで終わらせずに、ずっとこの米の酒を造り続けられるように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2007

ガラクタ??お宝??

冷蔵庫に仕舞いたい商品があって、あるコンテナ冷蔵庫へ(かなり古い)。そういえばこの冷蔵庫冷却不良で3日前から修理に来てもらってて昨日やっと直ったもう年代もの??
 で、いざその冷蔵庫に入ったら、なんとも・・・・・・・。中の酒をずいぶんと移動したままの荒れ放題。特に一番奥に仕舞いこんである酒が全部乱雑に出されたままで・・・・・・。あんにゃろ、立ち会ったんなら元に戻しときやがれ!!と、半ば呆れながら仕方なく整理をすることに。で、商品をじっくりと見てみたら冷蔵庫の奥の化石みたいな酒が続々。ちなみに冷蔵庫の中でも瓶の表面にはカビが生えてます。まあ、新酒鑑評会で金賞をと、踊っていた時期に造ったもの。今じゃまったくの冷蔵庫の中の不良在庫となってしまったもんなんですが・・・・・。ちなみにどんな酒かといいますと、
 9BY 35% 大吟醸 斗瓶囲い  75本
 8BY 40% 純米大吟醸 斗瓶囲い 92本
 8BY 40% 大吟醸 斗瓶囲い 26本
13BY 40% 山廃純米大吟醸 斗瓶囲い 24本
こんな感じです。こんな冷蔵庫の肥やし??みたいな酒どうしようかなーって思いつつ・・・・・。ちょっとブレンドするにも時間が経ちすぎてるし・・・・。どうしょうもないなーって。ガラクタ??お宝??どっちかなー??こんなの普通に売ったら1本1万円くらいかなー??こんな価格で今更買ってくれる奇特な人もいないだろうし・・・・・。買ってもらえないならやっぱりガラクタかなー??
 来月の初呑み切りに並べてみようかなー??
 どーでもいいや。なるようにしかならん。 

| | Comments (0)

June 12, 2007

今年の初呑み切りのお知らせ

 今年の初呑み切りの日程が決まりましたのでお知らせします。

 7月21日(土)  午後1時30分頃より  随時   主に一般のお客様 他   
            終了時間  午後5時頃まで

 7月22日(日)  午前11時頃より    随時   主に団体のお客様 他
            終了時間  午後5時頃まで

以上となりました。

 ・21日の午前中は杜氏をはじめ、社長、従業員、蔵人等自社の者できき酒をしますので場所はセッティングしておりませんので、一般のお客様は入れません。
 ・22日は午後11時30分頃から午後1時頃までに団体のお客様が入られる予定ですので、大変混雑します。なるべくこの時間帯をはずされることをお勧めします。
 ・会場はあまり広くないので、混雑しますとかなり暑くなりますのでそのつもりをしておいてください。
 ・毎回同じではありますが、蔵内に入られる方の常識として 
  ・前日夜・および当日は納豆等発酵食品は口にされないようにお願いします。
  ・他のきき酒される方の邪魔になる可能性がありますので、香水等香りの強い化粧品等はご使用にならないようにお願いします。
 ・どなたが来られてもかまいません。しかし、あまりに多くの方が一気にこられますと、会場内に入りきらないことも考えられますので、先に大体の人数を把握するために参加希望をされる方はあらかじめ、下記アドレスに参加希望日・参加人数等メールいただければありがたいです。
       
       furo-sen@ex.biwa.ne.jp(会社のアドレス)

 ・初呑み切りとは毎年冬に造って貯蔵した新酒をきき酒をする重要な行事です。決してお酒を飲む会ではありませんので、十分にご注意ください。
 ・初呑み切りは蔵内の毎年の行事が徐々にお客様が自然といらっしゃるようになった会ですので、飲むことが目的の会ではありません。こちらでは原則として料理等の準備はいたしませんのでご注意ください。
  

  以上よろしく願いいたします。


 
             

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京で。

 昨日東京から帰ってまいりました。第1の目的はお得意先の料飲店さんが開いてくれる「蔵元を囲む会」に出ることです。第2は試飲会で反応のあった酒販店さんに行くことでした。このふたつはすべて順調に終了。今回の東京出張の明るいうちの仕事は無事に終わりました。珍しいです。こんなことは何年ぶりかな?しかし、夜は年々ハードになってきてるって思うのは私だけか??私以外誰が思うのって??

| | Comments (0)

June 08, 2007

またおでかけ・・・・・。

 ついこの前北海道から帰ってきたかと思えば、今日から今度は東京で仕事。
その間、たまりまくってた仕事を何とかひと区切りをつけ、これから出かけますが、もう体にきてる・・・。
今日から3日間大丈夫かな??
日曜日に帰ってまいりますが、肝臓に負担をかけすぎないよう頑張ってまいります。
今回の東京行きの目的は、うちの会をしてくださる料飲店さんへ行くことと、
この前の試飲会で出会った小売店さんのところを訪問することです。試飲会後に出会った小売店さんとメールのやり取り等しておりましたが、やはり、試飲会でいい評価をしてくださってても本当に取り扱ってみたいというのはまったく別の話なんですね。今回は取り扱いをしたいという本気の反応をしてくださったところに行ってまいります。ホームページが充実してるとか、取り扱い銘柄が多いなんかは関係ありません。やっぱり最後は「人柄」だから。

| | Comments (0)

June 05, 2007

北海道にて

 昨日北海道から帰ってまいりました。
北のお知り合いのプロデュースによって大変有意義な日々でありました。
そしてお酒については、うちと比べてずいぶんと違った味わいだなって思ったのが正直なところでした。
大変すっきりとしていて、軽快なタイプのお酒ばかり飲んでいたように思いました。
お知り合いは「北海道はこんな酒ばかりだよ」って言われてそんなんだって思ってた次第。
 もちろん、居酒屋さんでは(うちの酒が置いてある)、他府県の酒も飲みましたけど・・・・・。
「あれ??」こんな味だったっけ???って思ってしまったんです。
某県の人気銘柄。私も好きな銘柄でしたが、「若い」んですね。
ベースはしっかりとした味なんだけど、まだ出荷には早いって味でした。
多分品切れしていて、ちょっと出荷を急いだ結果かなって思ってました。
 やはり、海産物は美味しかったです。ほっけが皮まで簡単に食べられました。
その他美味しいものがたくさん。大変満足でした。
しかし、現実に戻ってからは粗食にならざる得ない・・・・財布が・・・・・・。
  

| | Comments (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »