« 初呑み切りのお知らせ | Main | 初呑み切りにおいでの予定のお客様へ(至急) »

July 26, 2011

杣の天狗の在庫状況について

22BYの仕込での原料米はもう書く必要もありませんが、うちの速醸のお酒の前半も見事にこの影響をくらいまして、かなり日本酒度の切れた硬いお酒になっておりました。しかし「杣の天狗」はうすにごりということが幸いしたのか、またにごりの量の調整もうまくいったのか、搾って以降の味のりという面では他の速醸のお酒よりもはるかに速く、呑み頃が早くきたみたいです。品質も昨年よりはお客さんに聞きますと良かったって複数の方に言われてまして・・・・、私は昨年よりは酸がたたなくてやわらかい酒だとは思っていましたが、そこまで良いとは思ってはいなかったんですけど・・・・。そのために、出荷のペースが例年よりもかなり早く、ちょっと前に冷蔵庫の故障でお酒の移動をしていた時に、ついでに杣の天狗の在庫も見ることができましたので、みてみましたら・・・・。思ったより少ないなと・・・・・。確かに例年よりも杣の天狗の積み込み・発送をよく見ているなとは思っておりましたが・・・・・・伝票も毎日確認しますが、杣の天狗はうちにしては珍しく広くお得意先に広がっているので、傾向をいまいちつかめていなかったというのもあるんでして・・・。
 そしてその在庫を踏まえて、昨年一昨年と出荷の傾向を見ながら、今年の在庫に当てはめてみますと・・・・・・このままでは9月の下旬には品切れしてしまいそうな勢いとなっております・・・・・(あくまで予想ですが)。ただ、去年と違うところはかなりの量を輸出にまわしているということです。例年の出荷を見てみますとここ数年は在庫的にも余裕がありましたので、増石することなく輸出にも十分に対応できるとみて、また1本増やすということは蔵人にもかなりの負担にもなりますので、例年通りの製造量としておりましたから・・・・・今年の出荷量がいつもよりかなりペースが速いところに輸出が加わるために、現在のような在庫薄という事態になってしまいました。また、山廃純米吟醸うすにごりのお客さんが杣の天狗に流れたというのも確かにあります。
 やはり、お客さんは正直です。品質が良いとよく出ます。品質に何か引っかかるものがあるとなかなか思ったようには出ません。今年の品質は思った以上に良かったということなんですね。しかし、来年調子にのって仕込みを1本増やして品質に問題があったら・・・・・不良在庫を抱えるのが精神的にも一番辛いから・・・・。ですから、減石には勇気は要らないけど、増石にはちょっと勇気が要りますね。
 さて、これからの出荷はどのようにみていけばいいか、どのように調整していけばいいか、ああすればこの得意先の顔が浮かび・・・・・こうすればあの得意先の顔が浮かび・・・・・また違う得意先の顔が浮かぶ・・・・。出荷調整って結構気持ちのきつい仕事です。「バッサリと一気に切る」みたいなドライな蔵元になれればいいんですけどね。今年も無理みたい・・・・・・・・。

|

« 初呑み切りのお知らせ | Main | 初呑み切りにおいでの予定のお客様へ(至急) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 初呑み切りのお知らせ | Main | 初呑み切りにおいでの予定のお客様へ(至急) »